お知らせ

健軍教室ブログ

「ゴールの先を見せる」ことがエネルギーに。

こんばんは♪

本日のブログは、明光義塾と保護者をつなぐマガジンである「Meit」から引用させて頂きます。

受験生を持つ保護者の方、これから受験生をなる子どもを持つ保護者の方、是非読んでみてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

受験シーズンが本格化してくるこの時期、受験勉強を続けている子どもたちは、かなりのストレスを抱えていることかと思います。

子どもが親や家族に何を求めているかは千差万別で、一人ひとり異なります。気分転換に話を聞いて欲しい子や、そっとしてほしい子など様々ですが、まずは子どもをよく観察し、周囲に対して何を求めているのかを知りましょう。

もし、子どもが求めていることがわからない時は、リラックスしている時間などのタイミングを見計らって「どんなサポートをしてもらうと一番うれしい?」と直接聞くのもよいでしょう。

子どもがストレス発散を求めてきたときには、十分に話を聞いて、勉強以外の楽しい話をしましょう。

ときには、環境を変えてどこかに連れ出すなどの行為が、子どもの気分転換やストレス軽減につながることもあるでしょう。

また、コーチングには「ゴールの先を見せる」という手法があります。受験というゴールはあくまで通過点であり、その先に希望の未来が見えるということが、頑張りを増すエネルギーとなります。

受験はあくまで手段で、目的ではないはずです。

「そもそも何のために受験するのか?」

「受験が終わった先にはどんな未来が見えるのか」

を今一度親子で語り合い、楽しい未来を想像したり、実際にイメージを膨らませるために職場見学をしたりするのも、受験勉強の強力なエネルギーになるかもしれません。

子どもは、楽しみを見つけることができるとモチベーションが上がり、やる気が高まるのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

是非参考にされてください(*^^*)

ページ上部へ戻る