お知らせ

力合教室ブログ

力合教室の合格実績

2018年度の受験が終了しました。

受験生のみんな、本当によくがんばりました!

今回は大学入試の合格者のことをお伝えします。

《国立である大分大学に合格した生徒の対策》

熊本市内の進学校に通っていたWくん。

バスケットボール部に全力を注ぎ、3年生6月のマーク模試では330点ほど・・・。

高校総体も終わり、「このままでは大学にいけない!」と強く危機感を感じたWくんが、友だちと一緒に教室を尋ねてきました。

「目標は国立大学」とは言うものの、センター試験までわずか半年余り。

保護者の方にも来ていただき、厳しい状況であることを理解していただいた上で「最善を尽くす」対策がスタートしました。

 

①学習量の確保

とにかく勉強したWくん。学習量の確保は絶対です。

学校が終われば毎日塾。そして23時までは必ず勉強!

ただし、夜更かしは禁物。朝課外に出れるように時間管理をしていました。

 

②学習計画の設定

授業は全て映像授業。

一流講師の洗練された授業により必要なことを学んでいきました。

文系で経済学部を第一志望にしていたWくんは、英語・数学・国語を受講。

理科(基礎)と社会は徹底して反復し暗記。これは自習でやってくれました。

本番までに時間は半年しかありませんでしたが、決して近道をするのではなく、確実な学力を身に付けるべく基礎から学習するカリキュラムでした。

また、期限を決めることが重要。

講座の受講期限を明確にし、進捗を管理していきました。

 

③過去問演習

過去問も映像授業で解説を視聴し、傾向と対策を実践で身に付けていったのが11月から。

それまでの基礎学習があったからこそ、過去問の解説も理解できる確かな知識も身についていました。

 

何をやるか・・・

誰とやるか・・・

いつまでにやるか・・・

正しく決めて、最後までやり抜くこと。

夏期講習が終わって9月に学校で受けたマーク模試では500点まで上昇!

しばらく波がありましたが、本番のセンター試験では593点!!

その後は必要な科目に絞って2次試験対策を実践して、見事に合格を果たしてくれました☆彡

 

6名しか在籍していなかった高校3年生ですが、

その他にも熊本大学・福岡大学・熊本保健科学大学・熊本学園大学・創価大学・久留米大学など、多数の合格実績を残してくれました。

来年が最後となるセンター試験!

2019年度の大学入試も、全力でサポートします!!

 

 

ページ上部へ戻る