お知らせ

けやき通り教室ブログ

理屈じゃない。

みなさんこんにちは☆

明日は、小学校は、運動会ですね♪

子供たちから、『室長!!運動会でがんばるから、見に来てください♪』

と言われたので、行こうかなと思っている室長です。笑

勉強でも運動でも習い事でもお手伝いでも、

行動していることをキラキラ発信し、輝いている人は素敵ですよね☆

私自身もそうありたいと思いますし、子供たち、講師たちもそうあれるように、

自分自身の関わりを大切にしていきたいと感じております!!

 

今日は、日ごろ学んでいる芳村思風先生の感性論哲学の一説『理屈じゃない』を

ご紹介させていただきます。

今日も自分を、相手を信じ抜く努力を大切にします。

よろしくお願いします。

 

芳村思風一語一会 vol.3273
理性では、信じることまでしかできない
理性で考えたら信じられないものを、
それでも信じて、信じて、
信じ抜くという覚悟を決める
信じ切ることは、頭で考えていてはできない
☆☆☆☆☆
信じて 信じて 信じ抜いて生きる
理屈じゃない
☆☆☆☆☆
人間が人間を信じて生きることは理屈ではない。
「信じる」から「信じ抜く」ためには理性的な努力が必要。

人間は不完全、失敗したり、裏切ったり、心ならずもウソを言ったりする。
言いたくて言うのではない。
追いつめられて「心ならずも」という良心が存在する。

人間を信じるとは、この良心の存在を信じること。
理性的には信じられないものを
信じて、信じて、信じ抜くという奇跡的な決断をすると
理屈では考えられないことが起こる。
真実の愛とは、理屈を超えた愛です。

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

ページ上部へ戻る